ということ(という事)

20/10/2017 22:00

といふこと」]
という(と言う)」+名詞こと(事)」。

用例

[発表年順]
「ということ(という事)」用例(1913)
三田村鳶魚中里介山大菩薩峠』」1932、冒頭
武器?」
中略
17日夜、愛媛県四国中央市国道乗用車大型トラック正面衝突し、乗用車に乗っていた10男女人のうち高校生を含む人が死亡しました。警察は、運転していた少年の話などから乗用車反対車線はみ出したとみて調べています。
17日午後20ごろ、愛媛県四国中央市国道11号線で、乗用車大型トラック正面衝突し、乗用車は左の前の部分を中心に大きく壊れました。
この事故で、
乗用車に乗っていた香川県丸亀市高校1年生、久米井胡里さん(16)と、香川県綾川高校2年生、井村愛里紗さん(16)、それに、綾川とび職、三宅巽也さん(16)の人が頭や全身を強く打って死亡しました。乗用車運転していた18歳の少年も軽いけがをしました。
現場片側車線乗用車から見て緩いカーブで、警察によりますと、乗用車運転していた少年は「反対車線に出てしまった」と話しているということです。
警察は、こうした話や車の壊れ方などから乗用車反対車線はみ出して衝突したとみて調べています。乗用車人は知人どうしで、当時松山市に遊びに行く途中だったということです。
(NHKNEWSWEB(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151118/k10010310411000.html)・・・20151121閲覧
[発表年未詳・筆者生年順]
 昨日所謂彼岸中日でした吾々やうに田舎住むもの生活これから始まるといふです東京市中離れた此の武蔵野最中住んで居るから今日片寄せてある取り出してこの楽しむ為に根分しようとして居るところです実は久しいこと作つて居るのであるが二三年間思ふあつてわざと手入れしないで投げやりに作つて見た一体と云ふもの栽培法調べて見る或は菊作り秘伝書とか植木屋口伝とかいふものいろ/\とあつてなか/\面倒なものですこれほど面倒なものとすれば到底素人には作れないと思ふほどやかましいものですそして色々な秘訣守らなければ存分に立派な作られないといふことなつて居るところが昨年一昨年あらゆる菊作り法則無視して作つて見たたとへば早く根分けすること植ゑるには濃厚な肥料包含せしめなければならぬことなるべく大きなもの用ゐること五月七月九月摘まなければならぬこと日当りよくすること毎日一回乃至数回与へなければならぬことなつて肥料追加雑草除くことなどまだ/\いろ/\心得あるにも拘らず二三まるでやらなかつた根分やらず小さい植ゑた儘で取り替へせず摘まず勿論途絶え勝であつた云はゞあらゆる虐待薄遇とを与へたのだそれでもなるらしくそれ/″\出て綺麗な相当に優しい見せてくれたそれで考へて見れば栽培といつても絶対的に必須なものでもないらしい手入れすれば勿論よろしいしかし手入れ無くとも咲く植木屋などよく文人作りなどつけて売つて居るのはなどから見ればいつも少し出来過ぎて居てかへつて面白くない咲いた天然美しさより多く惹かれぬでもない
会津八一/會津八一(1881-1956)「根分しながら冒頭
 もはや一人不幸なインテリ物語瞬間時にしか我々興味惹かない世界散在して生きつづける強力な知識人興味津々たる物語それぞれ結末見通せない巨大なロマン一節として我々緊張させつつあるからである強固な知能的一人物或る呼吸停止したという事より多数彼等どのようにして生き生きつつあるその独創的な手段方法絶えず我々驚かし目ざまし活気づけてくれるいかなる突飛な自殺行為いかなる深刻ぶった自殺宣言よりもっと豊富にして怪奇な不慮我々押しつけている自殺に関する発明発見さして進展しない殺人に関する趣向日夜試験されつつあるしたがって各々選ぶ可能性与えられた人々意識するしないにかかわらず常に自己ためにとてつもない工夫こらさねばならない自殺するために国籍移すない生存するために国土から国土渡り歩く人々増加しつつあること想起しただけでも形式めざましい複雑化明らかである