立った(たった)

18/07/2015 07:59

→「たった(立った・起った・閉った・点った・経った)

用例

  二階手摺湯上り手拭《てぬぐい》懸けて日の目多い見下すと、頭巾被《かむ》って白い疎《まば》らに生やした下駄歯入通る古い天秤棒括りつけてへらかんかんと敲くのだがそのふと思い出した記憶ように鋭いくせにどこか抜けている爺さん筋向《すじむこう》医者傍《わき》来て例の冴え損なったかんと打つと、真白咲いたから小鳥飛び出した歯入気がつかずに青い竹垣なぞえ向《むこう》廻り込んで見えなくなった《ひとはばたき》に手摺まで飛んで来たしばらく柘榴細枝留っていたが、落ちつかぬ見えて二三身ぶり易《か》える拍子に、ふと欄干倚りかかっている自分見上げるや否やぱっと立った煙《けむ》るごとくに動いたと思ったら小鳥もう奇麗な手摺桟《さん》踏まえている
夏目漱石「心」『永日小品』1909、冒頭)
「立った(たった)」用例(1913)
 思い出すしばらく訪れた高齢者グループホームこと
 住むいなくなった木造民家ほとんど改修せずに使うデイ・サーヴィス施設だったもちろんバリアフリーからはほど遠い玄関には石段あり玄関引く玄関間ある脱いでよいしょ上がるこんどそれ開けてみな集《つど》っている居間入る軽い認知症患っているその女性お菓子おしゃべり興じている老人たちにはすぐに入れず呆然と立ちつくすなんとなくいたたまれず折ってしゃがみかけるとっさどうぞいざりながら自分使っていた座布団差しだす伸びる。「おかまいなく座布団押し戻し、「言うておす遠慮せんといっしょお座りやすふたたび座布団押し戻される…。
(鷲田清一「身ぶり消失」2005)