誰も(だれも) 連語

04/09/2015 22:53

→「だれも(誰も)

用例

「誰も(だれも)」用例(1913)

 信子
女子大学ゐたから才媛名声担つてゐた彼女早晩作家として文壇打つて出る《ほとんど》誰も疑はなかつた中には彼女在学中既に三百かの自叙伝小説書き上げたなど吹聴して歩くものあつた学校卒業して見るまだ女学校出てゐない照子彼女とを抱へて後家立て通して来た手前さう我儘《わがまま》云はれない複雑な事情ないではなかつたそこで彼女創作始めるまづ世間習慣通り縁談からきめてかかるべく余儀なくされた
芥川龍之介」1920、冒頭
 灝気《こうき》薄明《うすあかり》優《やさ》しくしようとして
新しく活溌《かっぱつ》に打っている
こら下界お前ゆうべ曠《むなしゅ》うしなかった
そしてけさ疲《つかれ》直って己《おれ》している
もう快楽を以て取り巻きはじめる
断えず最高存在志ざして
力強い決心働かせているなあ
                  ファウスト第二部
序曲
六月十日 にて
 御無沙汰いたしました今月初めから当地滞在しておりますからよくこんな初夏一度この高原来てみたいものだ言っていましたやっと今度その宿望かなった訣《わけ》ですまだ誰も来ていないので淋しいことはそりあ淋しいけれど毎日気持よい朝夕送っています
堀辰雄「美しい村」1933-34
 咲く人々ぶらさげたり団子たべて歩いて絶景だの春ランマンだの浮かれて陽気になりますこれですなぜ申しますより集って酔っ払ってゲロ吐いて喧嘩してこれ江戸時代からの大昔怖しい思っても絶景などとは誰も思いませんでした近頃といえば人間より集ってのんで喧嘩していますから陽気でにぎやかだ思いこんでいますから人間取り去る怖ろしい景色なりますのでにもさる母親愛児人さらいさらわれて子供探して発狂して満開来かかり見渡す花びら子供描いて狂い死して花びら埋まってしまうこのところ小生蛇足というあり姿なければ怖しいばかりです
坂口安吾満開」1947、冒頭
わたくし安萬侶《やすまろ》申しあげます
 宇宙はじめ當つてはすべてはじめまずできましたが、その氣性まだ十分でございませんでしたので名まえなく動きなく誰もその知るものございませんそれからしてとがはじめてなつて、アメノミナカヌシの、タカミムスビの、カムムスビのが、すべて作り出す最初なりそこで男女兩性はつきりして、イザナギの、イザナミのが、萬物生み出すなりましたそこでイザナギのは、地下世界訪れまたこの歸つて禊《みそぎ》してとが洗う現われ海水浮き沈みして洗うに、さまざま出ましたそれ故に最古時代は、くらくはるかあちらですけれども前々からのによつて國土生み成したこと知り物しりによつて生み人間成り立たせたことわかります
武田祐吉訳「(現代語譯)古事記」1956、冒頭
 かんけりかん思いっきりけっとばすとき気持ちいいんだ小六男の子いう中心置かれたあきかん吸い寄せられるようにして物陰から物陰へと忍び寄っていく見せたオニとの距離見切ったときもうからだ物陰からとび出しているオニ猛然と迫ってくるオニからだほとんど交錯するようにしながら一瞬早くあきかん横腹蹴るあきかん空中ゆっくり描いてくるりくるりと舞うときとまれでも叫んでしまいそうな快感押し寄せる同時にという何ものかなく抜け出していきとても身軽になったからだだけ残されるもっともいつもそんなにうまく蹴れるわけではないしばしばかんさわがしいたてながら舗道転がっていったり二、三メートル芝生ぽとんと落ちてとまったりするそれでもかん蹴った喜び変りない
 小六少年またいうかんけり隠れているときとっても幸福なんだなんだか温かい気持ちするいつまででも隠れていてもう絶対に出て来たくなくなるんだ管理塔からの監視死角隠れているとき一人であってもあるいは二、三いっしょであっても羊水包まれたような安堵感生まれるいうまでもなくこの籠り管理社会した市民社会からのアジール避難所創建身ぶりなのだ市民社会からの離脱内閉においてかいこまゆつくるようにもう一つコスモス姿現してくるそれ胎内空間にも似て根源的な相互的共同性充ちたコスモスである大人子どもそこで見失った自分なる子ども〉、〈無垢なる子ども再会するのである
 小六男の子最後もう一つつけ加えていうかんけり、「オニ違ってほか救おうとする自分救われたいけれどつかまった仲間助けなくちゃって夢中になるのが楽しいだけどオニ大変だオニ気の毒だから何回かかん蹴られたら交替するんだ実際かんけりでは隠れた誰もオニ見つかって市民社会復帰したいとは考えない運悪く捕われても勇者忽然と現れて自分救出してくれること願っている隠れた囚われた奪い返して帰って来ようとするのはつねにアジール市民社会例外的領域であるオニ気の毒であるのはオニ最初から市民社会住人であるかぎり隠れた何人見つけてもそのこと自分市民社会復帰するドラマ経験しようがないからである隠れる市民社会では囚われ人以外ではなくしたがってオニ管理者であることやめることはできない
(栗原彬「かんけり政治学1984