なって(成って・為って)

14/11/2017 10:07

[「なりて(成りて・為りて)」の音便形
動詞なる(成る・為る)」の連用形なり(成り・為り)」の音便形なっ(成っ・為っ)」+接続助詞」。

用例

かしこへ行幸なつて紅葉を叡覧なる
(「平家物語」13世紀前半
[発表年順]
「なって(成って・為って)」用例(1900年代)
「なって(成って・為って)」用例(1910年代)
「なって(成って・為って)」用例(1970年代)
「なって(成って・為って)」用例(1984)
(村上春樹「アイロンある風景」1999)
 住むいなくなった木造民家ほとんど改修せずに使うデイ・サーヴィス施設だったもちろんバリアフリーからはほど遠い玄関には石段あり玄関引く玄関間ある脱いでよいしょ上がるこんどそれ開けてみな集《つど》っている居間入る軽い認知症患っているその女性お菓子おしゃべり興じている老人たちにはすぐに入れず呆然と立ちつくすなんとなくいたたまれず折ってしゃがみかけるとっさどうぞいざりながら自分使っていた座布団差しだす伸びる。「おかまいなく座布団押し戻し、「言うておす遠慮せんといっしょお座りやすふたたび座布団押し戻される…。
(鷲田清一「身ぶり消失」2005)
 寒さ緩み陽気感じられるようになってきました季節サクラをはじめウメモモなど多く木々咲かせます
 サクラウメなど成長抑える休眠物質作りますそれ花芽たまる落ち花芽休眠という期間入りますこの期間花芽成長しません休眠から目覚めるには一定低温期間経験すること必要です。「一定低温期間とはどれくらいというそれによって違うことわかっています例えばサクラソメイヨシノでは5前後気温900時間必要だされていますそして休眠から目覚める成長抑えていた休眠物質減り始めますそれなくなる成長再開なって一日平均気温1213なる開花するのです
(記事、2012冒頭
[発表年未詳・筆者生年順]