なんちょう(南朝)

12/08/2017 21:14

なんてう」]
アクセントんちょう・なんちょうノ
1.
日本で南北朝時代(1336-1392)に、奈良の吉野を中心に存立した大覚寺統の朝廷。延元元=建武3年(1336)に後醍醐天皇吉野に移ってから、後村上・長慶・後亀山天皇と4代続いた。吉野朝。
よしのくまのこくりつこうえん(吉野熊野国立公園)
2.
ちゅうごく(中国)1.、「なんぼくちょうじだい(南北朝時代)に江南(揚子江流域)に拠って建国した漢民族四王朝の総称。そう(宋)3.(420-479)・斉(479-502)・梁(502-557)・陳(557-589)をいう。589年陳を滅ぼして統一するまで続いた。三国の呉と東晋を加えて六朝《りくちょう》ともいう。

ほくちょう(北朝)

用例