する(為る)

14/07/2017 13:50

1.
サ変][サ変
活用は、口語では「するするすれしろせよ)」、文語では「するすれせよ」。各活用形のうち、口語未然形は、「」には助動詞「ない」「よう」が、「」には助動詞」「」(打ち消し)が、「」には「れる」「せる」がそれぞれ接続する。使役や受身の助動詞が付く時(サ変複合動詞のうち語尾が濁るもの以外)、「せさせる」「せられる」となるはずであるが、多く「させる」「される」のようになる。この「さ」は未然形として扱うことになる。命令形は、古くから「せよ」が用いられ、現代でも文章語的な言い方としては用いられることがある。一方、中世後期から「せい」が用いられるようになり(今日でも関西方言で用いられる)、近世江戸語以降は「しろ」が用いられるようになった。文語の場合、過去の助動詞」の接続は変則的で、終止形「き」には連用形「し」が続いて「しき」となり、連体形「し」および已然形「しか」には、「せし」「せしか」のように、未然形「せ」から続く。「する」は、語種(和語外来語漢語)を問わず、名詞副詞形容詞動詞連用形な どと結びついて、(1)~(7)のように様々な複合動詞をつくる。(1)噂する・びっくりする・おともする。(2)勉強する・運動する・練習する・研究する。(3)リードする・スケッチする・ノックする。(4)重んずる・軽んずる・先んずる。(5)察する・達する・決する。(6)感ずる・信ずる・論ず る・応ずる・案ずる・生ずる・通ずる。(7)愛する・熟する・服する・訳する・解する・略する。これらのうち、(4)と(6)の諸動詞は、語幹が1字の漢字のものであり、すべて「ずる」となるから、ザ行変格活用ということになる。文語の場合もほぼ同様である。現代語では、サ変複合動詞の中には、サ行(ザ行)変格活用の他の活用として用いられるものもある。すなわち、(4)(5)(6)の諸動詞は、「重んじる・先んじる、察しる・達しる、感じる・信じる・論じる・応じる・案じる・生じる・通じる」などのように上一段活用としても用いられる。(7)の諸動詞は「愛す・熟す・服す・訳す・解す・略す」などのように五段活用としても用いられる。]
アクセント:すガ]
1-1.
[「…(を)する」の形で。]
1-1-1.
[動作性の名詞を受けて。多くの場合、その名詞を語幹とするサ変動詞も存在する。]
或る動作・行為などを行う。意図的にそれを行う場合から、或る状態や結果になるような動作・行為を行う場合、結果としてある事を行ってしまったり望まないのにそうなったりする場合など、様々に用いられる。
勉強/仕事/散歩/買い物/ 運転/いたずらをするуча/ работя/ разхождам се/ пазарувам/шофирам/ правя пакости 機敏な動きをする いま何をしてるの?Какво правиш в момента? 自分だけ楽をする 損をするпретърпявам загуба  得をするпечеля, имам изгода やけどをするизгарям се 下痢をするимам разтройство 
1-1-2.
或る職務・ポストに従事する。或る役割を努める。изпълнявам длъжност, пост, роля
司会/仲人をする 彼は料理長をしている 昔、商売/学生/アルバイトをしていた時のことなんですが
1-1-3.
[(…に)…をする」の形で。]
装身具などを身につける。слагам на тялото си
ネクタイ/指輪/ネックレス/ピアス/鉢巻/マスクをするслагам вратовръзка/ пръстен/ огърлица/ обици/ лента за глава/ маска
1-1-4.
人や物が或る形・色・性質・状態である。また、人が或る服装・顔の形・表情である。
こわい顔をしてにらむ 緑色の目をした女性жена със зелени очи 彼はいい体格をしているтой има хубаво тяло 鋭い目をした男мъж с остър поглед 無邪気な顔をした子どもたちдеца с невинни лица
1-1-5.
動詞連用形に付いて、いったん名詞化されたものを再び動詞化する。多くは古語で打ち消し表現に用いられた。]
恋する 尽きせぬ想い 絶えせず
1-2.
[多く「…を…にする」「…を…とする」の形で。]
1-2-1.
或る者を或る身分にする。或る地位につける。或るものに育て上げる。
子どもを教師にするправя детето си учител 犬や猫を友として暮らすживея с куче и котка за другари 子どもを相手にして遊ぶиграя си с дете
1-2-2.
或る物を或る用途に使う。
かばんを枕にして寝るспя, като използвам чантата си за възглавница 釣った鮎を肴にして飲むпийвам с уловената рибка аю за мезе
1-2-3.
或るものを何かに変化させる。
小切手を現金にするосребрявам чек 大豆を臼でひいて粉にする
1-2-4.
を…と見なす/考える。…扱いする。
この話はなかったことにしてください。Считай, че този разговор не се е състоял. 馬鹿にするにもほどがある。И това да правиш някого на глупак си има граница. こけにされた。Направиха ме на глупак. 失敗を教訓として生かすизползвам грешките за поука
1-2-5.
自分で…を…と思う、感じる。
旅行を楽しみにするочаквам пътуването с нетърпение 君を頼りにしている。Разчитам на теб.
1-3.
形容詞形容動詞連用形に付いて。]
その状態にならせる。その状態を出現させる。
髪を短くするскъсявам/ подстригвам си косата 道を広くするразширявам пътя 状況を明らかにするизяснявам обстоятелствата 静かにしてください。Моля, бъди по-тих. 少し彼の負担を軽くする方法を考えよう。Да помислим за начин да облекчим товара му.
1-4.
決める。решавам
1-4-1.
[「…ことにする」「…こととする」の形で動詞助動詞を受けて。]
…ことを決意する。…ことに決める。
留学することにした。Реших да уча в чужбина. もう彼女には相談しないことにする。Решавам повече да не се допитвам до нея.
1-4-2.
[「…にする」の形で名詞代名詞を受けて。]
選び出して…と決める。избирам; решавам
コーヒーにする?紅茶にする?Какво реши - на кафе ли си или на чай? これはとりあえず取りやめにしよう どれにしようかな。かみさまのいうとおり。[子どもの数え遊び]
1-4-3.
動詞終止形を「」で受けて、また、名詞を「」「」で受けて、「…とする」「…にする」の形で。]
それまでの動作を打ち切って新たな動作にとりかかる。
そろそろ出かけるとしよう もう寝るとしよう 晩御飯にしましょう
1-4-4.
[「…とする」の形で状態性の名詞を受けて。]
…と判定/決定する。
よって被告を無罪とする 本委員の任期は二年とする
1-4-5.
[「…とする」の形で、文語形容詞終止形を受けて。]
…と判断を下す。…と思う。
まあ一応これでよしとするか その決定を良しとしない者たちが怒った これ以上職にとどまることを潔しとせず、辞職する
1-4-6.
[「…とすると」「…とすれば」「…にしては」などの形で。]
…と仮定/前提/措定する。…と一応決める/見なす。
今この瞬間M7以上の地震が発生したとすると、Ако приемем, че сега, в този момент, стане земетресение с магнитуд 7, 初めての作品だとすれば上々の出来だろう 失踪した父も、まだ生きているとしたら今年80になるはずだ。Ако приемем, че изчезналият ми баща е още жив, тази година трябва да навърши 80 години. 彼は日本人にしては背が高いほうだ。Той е висок за японец. 友をよきライバルとしてともにがんばる 冬にしては妙に暖かい日が続く
1-4-7.
[「…ものとする」の形で動詞助動詞を受けて。]
[法律・規則の文章などで]
…と決める/定める。
今後は本規則の定めに従うものとする 授業料は学期開始までに納めるものとする
1-4-8.
[「…とすれば」「…にしては」「…としては」「…としても」「…としての」などの形で。]
その立場/レベル/段階で考えると。
君とすればそう言いたくなるのも無理はない 私としてもそのほうがありが たい 彼にしてはおかしな文章だな プロとしての責任отговорността като професионалист 親としては子どものことを心配するのは当然だ。За един родител е нормално да се притеснява за детето си.
1-4-9.
[「…としたことが」の形で。]
この/あの…が不覚にも。
君としたことが、どうしたんだ、こんなへまをして 私としたことがとんだ失礼をいたしまして
1-4-10.
[「…うとする/ようとする」の形で動詞助動詞未然形を受けて。]
1-4-10-1.
或る動作にとりかかる。或る行為を今にもしそうになる。
出かけようとしたら雨が降ってきた。Тъкмо когато щях да изляза, заваля дъжд. 寝ようとしたら電話がかかってきた。Тъкмо щях да си лягам, когато телефонът звънна. 犬が喜んで跳びついてこようとした
1-4-10-2.
或ることがらが行われるところである。或る出来事が始まりかかっている。或る作用・状態がもう少しで起こりそうになる。
まさに朝日が昇ろうとしていた ブルガリアに来てそろそろ5年が過ぎようとしている 車輪がまさに滑走路を離れようとした時機体が奇妙な振動を起こした
1-4-11.
[「…にしても」「…としても」の形で。]
そのような場合でも、の意を表す。
どんなに急いだとしても、あの渋滞では間に合わなかっただろう。Колкото и да беше бързал, в това задръстване нямаше да стигнеш навреме.
1-5.
[「…がする」の形で名詞を受けて。]
或る状態・現象・感じなどが知覚された時、受け手の立場からではなく、そのもととなった現象を中心に表現する言い方。
なんか変な音/物音がする。Чува се някакъв странен звук/ шум. いい香り/匂いのする花цвете, което ухае хубаво おかしな味がする 頭痛がするболи ме главата 寒気/悪寒/動悸がする 誰だってほめられれば悪い気はしないものだ 地鳴り/稲光がする
1-6.
[事物の状態などを表す副詞を受けてそれを述語化する。]
そのような状態になる/である。
あっさり(と)した味 がっしり(と)した骨組み 子どもは疲れてぐったり(と)している 今日はゆっくりしていって下さいね ぞっとする光景 彼女がもてるのは男好きのする顔だというだけのことだ
1-7.
[数量を表す語に付く。]
1-7-1.
[時間を表す語に付いて。]
或る時刻を起点にして、その時間が経過する/経つ。
この雨は数時間もすればやむでしょう。Като минат няколко часа, дъждът сигурно ще спре. ただの風邪だ、2.3日もすれば治るだろう。Само настинка е - като минат 2-3 дни ще се оправи. 買ってからまだ1年もしないのにもう故障した。Не е минала и година откакто го купих, а вече се повреди.
1-7-2.
[価格を表す語に付いて。]
買い手の立場から、その値段である。あまり安くない場合にいうことが多い。
これ、いくらしたの?Това колко струваше/ беше? 1千万円もする高級車класна кола, която струва цял милион
1-7-3.
[人数を表す語に「…て」の形で付いて。]
その人数で一緒にある動作をすることを表す。
二人して、どちらへお出かけ? 家族みんなして働く農家
1-8.
[「…(と)して」「…(と)すると」「…(と)すれば」「…(と)したら」などの形で、副詞を述語化して用いる。]
依然として もしかして/すると/したら ひょっとして/すると/したら ややもすれば/すると ともすると/すれば 頑として譲らない 時として
1-9.
補助動詞
1-9-1.
動詞連用形、または、サ変複合動詞の語幹に、助詞「は」「も」「でも」「さえ」「こそ」などを伴ったものに付いて。]
その動詞の意味、またはその動詞の打ち消しの意味を強める。
一応知らせはしたが、彼が来てくれるとは思っていないよ こっちを見もし ない 彼はよく知りもしないことをいつもえらそうに言う こじらせでもしたら大変だから用心しよう ずっといてくれなくてもいい、顔をさしてくれさえすれ ばいいんだ 始まりさえすればこっちのものだ 一応書き終えこそしたものの、とてもじゃないが満足できる出来ではない 感謝こそすれ、あなたを恨むわけが ないでしょう
1-9-2.
動詞連用形を重ねたもの、あるいは種々の語に並列を表す「なり」「たり」「も」「か」「し」「つ」などを添えたものに付いて。]
叙述を助ける働きをする。
なだめなだめして子どもを歩かせる あっちで見聞きしたことで何か面白い 話ない? いつも寝起きする部屋 いらなければ捨てるなり人にやるなりしてくれていい 病み上がりなので一日中寝たり起きたりしていた このレストランは 日によって満員だったりがらがらだったりする 逃げも隠れもしない 風邪をひいたか疲れからかして、体がだるい 子どもは泣くし、僕も頭痛がするしで、結局タクシーに乗った スパートでランナーたちは抜きつ抜かれつしながら一段となってゴールになだれ込んだ
1-9-3.
接頭語「お」「ご」の付いた動詞連用形、または、サ変複合動詞の語幹に付いて。]
謙譲の意を表す。
お届け/お供/お電話する ご案内する お世話になった人をご招待する おかばんをお持ちしましょうか
2.
1.の文語形す(為)連体形

あいなかばする(相半ばする)・足を棒にする・遊ばす・家を外にする・致す・意とする・営む・内を外にする・うとする・海を山にする・公にする・行う・己を虚《むな》しゅうする・玩具《おもちゃ》にする・肩で息をする・気にする・軌を一《いつ》にする・揆《き》を一《いつ》にする・客 をする・苦にする・臭い物に蓋《ふた》をする・口にする・首を長くする・言《げん》を左右にする・虚仮《こけ》にする・心を一《いつ》にする・心を鬼にす る・異《こと》にする・小馬鹿《こばか》にする・杯《さかずき》をする・される・辞《じ》を低くする・すまじきものは宮仕《みやづか》え・する事なす事・袖《そ で》にする・為《ため》にする・手にする・仕《つかまつ》る・徳とする・亡き者にする・なさる・為《な》す・馬鹿《ばか》にする・鼻を高くする・ふところにする(懐にする)・本気にする・枕《まくら》を高くする・身を粉《こ》にする・水にする・耳にする・無にする・無下《むげ》にする・目にする・目を皿にする・目を三角にする・目を丸くする・物ともせず・物にする・遣《や》る・ようとする・横の物を縦にもしない・余所《よそ》にする・諒《りょう》とする・労を多とする・悪くすると

用例

1-1-1.
「する(為る)」1-1-1.用例
1-1-1.1-2.
 
北側けちな並べていて一番体裁好い板塀繞らした小さいしもた屋その外手職するなんぞ住いであった荒物屋烟草屋しかなかった往来目に附く裁縫教えている昼間格子窓大勢集まって為事していた時候好くて明けているとき我々学生通るいつもべちゃくちゃ盛んにしゃべっている挙げて往来見るそしてし続けたり笑ったりするその格子戸綺麗に拭き入れて上がり口叩き御影石塗り込んだ折々夕方通って見ると打水してあるあった寒い障子締めてある暑い竹簾卸してあるそして為立物師賑やかな為めにこのいつも際立ってひっそりしているように思われた
森鷗外」1913)
1-1-4.
1-2-1.
 阿部屋敷裏門向うことになった高見権右衛門もと和田氏近江国和田住んだ和田但馬守である初め蒲生賢秀《かたひで》したがっていた和田庄五郎《しょうごろう》細川家仕えた。庄五郎岐阜関原戦いあったものである。忠利与一郎忠隆ついていたので、忠隆慶長大阪前田氏早く落ち延びたために勘気受け入道休無《きゅうむ》なって流浪したとき高野山京都までしたそれを三斎《さんさい》小倉呼び寄せて高見氏名のらせ番頭知行五百であった。庄五郎権右衛門である島原戦いあった軍令そむいた一旦召し上げられたそれがしばらくしてから帰参して側者頭なっていたのである。権右衛門討入り支度とき黒羽二重紋附き着てかねて秘蔵していた備前長船取り出して帯びたそして十文字持って出た
森鷗外阿部一族」1913)
1-2-2.
1-2-4.
「する(為る)」1-2-4.用例
1-3.
「する(為る)」1-3.用例
1-4-1.
森鷗外阿部一族」1913)
1-4-2.
 三太郎の日記永久に打切りするために從來公にした第一第二との本文その後もの集めた第三加へて此處此の出版する三太郎の日記三十に於ける自分前半期伴侶として色々意味に於いて思ひ出多いものである併しこの通讀する行間に於いて看取する得べきが如く自分次第に此の告白若しくは告白めきたる空想及び思索してゐる堪へなくなつて來た自分最早永久にこの――篇中に於いて最も日記らしい體裁具備する――文章公にすることがないであらうさうして後年再び告白要求痛切に感ずる時期來ても――自分早晩如き時期來ること豫想する――如き形式に於いてそれすること決してないであらう故に自分自分生涯に於ける如き時期葬るために過去現在並びに――將來渉つて自分この文章愛して呉れ若しくは愛して呉れるであらうところの友人親愛表はすためにVolksausgabeに於いてこの殘して置く
阿部次郎合本三太郎の日記」1950、冒頭
1-4-5.
大石慎三郎江戸時代」1977)
1-4-10-1.
 
阿部一族立て籠っている山崎屋敷討ち入ろう竹内数馬もの払暁表門来た夜通し鉦太鼓鳴らしていた屋敷うちひっそりとして空家思われるほどである鎖してある板塀二三伸びている夾竹桃木末には蜘のいかかっていてそれに夜露真珠ように光っている一羽どこから飛んで来てつとうち入った
森鷗外阿部一族」1913)
 敗戦後知り合うようになった新しい作家たち限りない親しみ感ずる彼等互いに相手とは違ったやり方違った場所現実模索する時には相手たまらなく厭な臭気嗅ぎつけ相手価値ゼロ認めたりするそれでも彼等次第に仲間どうし理解深めて行く。「日本戦争敗けなかったらお前たち生れなかったのだぞという叱責彼等かすめる或はさまざまなレッテル巧妙なすばやさ彼等肉体貼りつけられるしかし彼等お互いに共通被害者ぶって相手同じ防火頭巾かぶろうとはないそのような便利な頭巾ないからこそ彼等言葉による表現という厄介な火焔一人一人自分流投じたのだ育ち性格異にする才能たち突如として自分たち各々場所から駆り出され自分とは全く別種表情言葉づかい持つ仲間邂逅したこといぶかしさ感ぜずにはいられない突如として彼等見なれない武装裸身そこ見出したのだ
「する(為る)」1-5.用例
1-6.
 あっち出るでしてまあ相場ざっとぐらいもんでしょうかねそれこっち持って来ると、一円五十するんですそれでちょうど向ういた時分でしたが、から八百ばかり注文ありました旨く行く一升以上つくんですからさっそくやりました八百拵えて自分いっしょまで持って行くと、――なに相手支那で、本国送り出すんでさあすると支那出て来て宜しい云うからもう済んだのか思うと、高さ一間あろう云う大きな持ち出してそのどんどん汲み込ませるんです。――いえ何のためにもいっこう分らなかったんで何しろ大きなですから張るんだって容易なこっちゃありませんかれこれ半日かかっちまいましたそれからするかと思って見ていると、例の俵《ひょう》ほどいてどんどん放り込むんです。――実に驚いたが、支那てえ本当に食えないもん後《あと》なってようやく気がついたんです打《ぶ》ち込むたしかな尋常に沈みますが、食っただけみんな浮いちまうんですそれ支那野郎しゃくってペケって俵《ひょう》目方から引いてしまうんだからたまりません傍《そば》見ていてはらはらしました何しろ七分通り入《い》ってんだから弱りました大変なでさあ。――食ったんですか。いまいましいからみんな打遣って来ました支那ですからやっぱり知らん顔してしておおかた本国送ったでげしょう
夏目漱石「儲口」『永日小品』1909、冒頭
1-9-1.
武田泰淳「『かたち1948冒頭
1-9-2.