たい 助動詞・接尾語・終助詞

28/10/2015 13:50

1.
助動
たかろたくたかっ|たい|たい|たけれ|○]
[希望の
助動詞たし」の連体形「たき」の中世以降の動詞、および助動詞れるられる」「せるさせる」の連用形に付く。連用形「たく」(一説にはその音便形「とう(たう)」)が接続助詞」を伴って用いられる場合、「笑いたくって仕方がなかった」のように、促音「っ」が挿入されることもある。連用形には音便の形「とう」もあり、中世から行われているが、現代語では「一言お礼を申し上げとう存じます/ございます」のように、「ございます」「存じます」を伴う時に限って行われる。「たい」が他動性の動詞に付く場合、希望の対象を表すのに、「水を飲みたい」「水が飲みたい」のように「…ヲ…タイ」「…ガ…タイ」の両形を、室町時代以来用いてきている。]
1-1.

話し手自身の希望を表す。изразява желанието на говорещия
水を/が飲みたいпие ми се вода 私も行きたかったなあи на мен ми се ходеше...
1-2.

話し手以外の人の希望を表す。изразява желанието на различен от говорещия човек
読みたいなら/読みたければ貸してあげてもいいよ。Ако искаш да го/я прочетеш, ще ти го/я заема. やめたい人はやめればいい。Тези, които искат да се откажат, да го направят. 内戦になっても、外国へ逃げたくても逃げられない人々もいる。Има и такива хора, които, дори и да настъпят вътрешни безредици и да искат да избягат в чужбина, не могат да го направят.
1-3.

[「ある」「である」「なさる」「くださる」や尊敬の
助動詞れるられる」に付いて。文章語的。]
他者・一般に対する希望・要求を表す。…てほしい。…であってほしい。изразява желание, изискване към друг човек или по принцип
常にそうありたいものである 恵まれない人々に対して常に温かい社会でありたいものだ この点に関しては別表を参照されたい
2.
接尾
形容詞活用たし)。「いたし」の頭母音が脱落したものかと言われる。促音が挿入されて、「…ったい」となることもある。「じれったい」「やぼったい」など。]
名詞動詞連用形など体言に準ずるものに付いて、形容詞を作る。
2-1.
そのことが甚だしい、という意を表す。
めでたい うしろめたい
2-2.
そのような状態であることを表す。
けぶたい つめたい
3.
終助
文末にあって、強意を表したり、軽く言いはなす意を添える。九州地方で用いられる。
そんなことあたりまえたい どのみち同じことたい

用例

1-1.
日比《ひごろ》月日がおがみたいと思うたに
狂言腰祈」)
  
フロベニウスアフリカ文化史非常に優れたであるとともにまた実におもしろいであるそのおかげニグロ生活我々追体験し得るものなりニグロ文化我々理解し得るものなる我々それによっていわゆる未開人いかに見るべき教えられるフロベニウス自身指摘しているように人類文化統一ただこのような理解通じてのみ望み得られるのである
自分この読み始めた巻頭においてまず強い激動受けたそれ自分アフリカニグロについて何も知らなかったせいでもあるまた同時に英米人祖先たちアフリカに対してなした知らなかったせいでもある自分ここその個所紹介することによってに対する関心幾分かでもそそりたいと思う
和辻哲郎アフリカ文化」1937、冒頭