「でる(出る)」24.用例

13/10/2017 10:41

→「でる(出る)24.

用例

[発表年順]
 ヨーロッパ十七世紀から十八世紀への変換みても推測できるようにこの時期神学体系から脱却しようとするエネルギーによって近代よりはるかに極端に無神論傾いた時代であった日本もまた仏教儒教断ち切ろうとする動き人間具体的現実感覚生命凝視しようとする動き同時にくるどちら原因結果わからないこの動きこの衝動近世特徴的な相対化俳諧化列挙方法生み出すひとつエネルギーであったこと間違いないしかし観念体系対峙した人間現実という認識に対するという図式とりついにナショナリズム基礎形成される
(田中優子『江戸想像力』1986)
[発表年未詳・筆者生年順]
 
昨日所謂彼岸中日でした吾々やうに田舎住むもの生活これから始まるといふです東京市中離れた此の武蔵野最中住んで居るから今日片寄せてある取り出してこの楽しむ為に根分しようとして居るところです実は久しいこと作つて居るのであるが二三年間思ふあつてわざと手入れしないで投げやりに作つて見た一体と云ふもの栽培法調べて見る或は菊作り秘伝書とか植木屋口伝とかいふものいろ/\とあつてなか/\面倒なものですこれほど面倒なものとすれば到底素人には作れないと思ふほどやかましいものですそして色々な秘訣守らなければ存分に立派な作られないといふことなつて居るところが昨年一昨年あらゆる菊作り法則無視して作つて見たたとへば早く根分けすること植ゑるには濃厚な肥料包含せしめなければならぬことなるべく大きなもの用ゐること五月七月九月摘まなければならぬこと日当りよくすること毎日一回乃至数回与へなければならぬことなつて肥料追加雑草除くことなどまだ/\いろ/\心得あるにも拘らず二三まるでやらなかつた根分やらず小さい植ゑた儘で取り替へせず摘まず勿論途絶え勝であつた云はゞあらゆる虐待薄遇とを与へたのだそれでもなるらしくそれ/″\綺麗な相当に優しい見せてくれたそれで考へて見れば栽培といつても絶対的に必須なものでもないらしい手入れすれば勿論よろしいしかし手入れ無くとも咲く植木屋などよく文人作りなどつけて売つて居るのはなどから見ればいつも少し出来過ぎて居てかへつて面白くない咲いた天然美しさより多く惹かれぬでもない
会津八一/會津八一(1881-1956)「根分しながら冒頭