にさんかいおう(二酸化硫黄)

28/09/2017 03:19

にさんくわいわう」]
アクセント:にさんかいおう]
いおう(硫黄)や硫黄化合物が燃焼した時に生じる無色で刺激臭のある気体。化学式SO2。呼吸器を強く刺激して喘息を起こしたり、火山ガスや石炭・石油の燃焼後の排ガスに含まれ、酸性雨や湖沼の酸性化の原因となるなど公害の原因物質の一となる。還元作用が強く、パルプ・砂糖・毛・絹・麦藁などの脱色・漂白に用いる。「りゅうさん(硫酸)」の製造原料として重要。むすいありゅうさん(無水亜硫酸)ありゅうさんガス(亜硫酸ガス)
いおうさんかぶつ(硫黄酸化物)」・さんさんかいおう(三酸化硫黄)

用例