しゅうこう(周公) 人名

13/08/2017 08:28

しうこう」]
ちゅうごく(中国)1.、「しゅう(周)3.初の政治家。生没年未詳。「ぶんおう(文王)」の子。姓は姫《き》、名は旦《たん》。「しょうこうせき(召公奭)」の兄。りょしょう(呂尚)」らとともに、兄の「ぶおう(武王)1.を助けて「いん(殷)1.を滅ぼし、その死後、幼少の甥の「せいおう(成王)」を補佐して王族の反乱を鎮圧。また、「らくゆう(洛邑)」(「らくよう(洛陽)」)を建設するなど「しゅう(周)3.の基礎を固めた。れいがく(礼楽)・制度を定めたと言われる。「こうし(孔子)」は礼を整備した聖人として尊敬し、後世、先聖と崇められた、「じゅか(儒家)」の尊崇する聖人の一人。「ろ(魯)1.の祖。しゅうこうたん(周公旦)

用例