そう(宋) 固有名

31/08/2017 18:40

ちゅうごく(中国)1.の国名。
1.
春秋時代の列国の一(?-前286)。「いん(殷)1.の「ちゅうおう(紂王)」の異母兄、微子啓が封ぜられ、商邱《しょうきゅう》(「かなんしょう(河南省)」)に都し殷の遺民を統治したという。前286年に斉・魏・楚の三国に滅ぼされた。
2.
なんぼくちょうじだい(南北朝時代)2.、「なんちょう(南朝)2.最初の王朝。とうしん(東晋)の武将りゅうゆう(劉裕)が恭帝の禅譲を受けて建国(420-479)。都は「けんこう(建康)」(「ナンキン(南京)」)。479年、8世じゅんてい(順帝)3.が武将のしょうどうせい(蕭道成)せい(斉)3.の高帝)に帝位を譲って滅びた。「劉宋」。
3.
ごだいじっこく(五代十国)」を統一した王朝。「こうしゅう(後周)」の「せつどし(節度使)」、趙匡胤《ちょうきょういん》が「こうしゅう(後周)」のあとを承けて、「べんけい(汴京)」(「かいほう(開封)」)に都して建国(960~1279)。文治主義による君主独裁制を樹立。りょう(遼)1.せいか(西夏)の圧迫を受け、1127年「きん(金)12.軍の侵入によって「こうなん(江南)」に移り(「せいこうのへん(靖康の変)」)、「りんあん(臨安)」(「こうしゅう(杭州)」)に都した。それ以前をほくそう(北宋)、1279年に9代でげん(元)3.軍に滅ぼされるまでを「なんそう(南宋)」という。
アクダ(阿骨打)」・きそう(徽宗)キタイ(契丹)」・こうしょく(後蜀)1.・「こうそう(高宗)2.せんえんのめい(澶淵の盟)

用例