かほく(華北) 固有名

01/09/2017 10:05

くわほく」]
ちゅうごく(中国)1.の中北部、北は「ばんりのちょうじょう(万里の長城)」に、南は「しんれい(秦嶺)1.山脈とわいが(淮河)に限られる、「こうが(黄河)」中・下流域地方。「かなんしょう(河南省)」・「かほくしょう(河北省)」・「さんとうしょう(山東省)」・「さんせいしょう(山西省)」・「せんせいしょう(陝西省)」の五省と政府直轄地の「ペキン(北京)」・「てんしん(天津)」から成る。古来、「ちゅうげん(中原)2.の地と呼ばれ、政治・文化の中心。「ホアペイ(華北)」。
ぎ(魏)3.きん(金)12.・「さんかいかん(山海関)」・じょしん(女真)」・せきろく(石勒)」・せんぴ(鮮卑)」・そうそう(曹操)」・やりつあぼき(耶律阿保機)」・りょう(遼)1.

用例