さし(左思) 人名

28/06/2017 14:59

(250頃-305頃)「ちゅうごく(中国)1.せいしん(西晋)の詩人。「りんし(臨淄)」(「さんとうしょう(山東省)」)の人。字《あざな》は太沖《たいちゅう》。10年を費やして完成した「三都の賦」によって文名天下に知られ、「らくようのしかをたかめる(洛陽の紙価を高める)」という成語を生んだ。詩では詠史詩にすぐれる。

用例