石川啄木散文用例「し」

21/04/2017 14:01

→「いしかわたくぼく(石川啄木)

用例

雨が篠つく樣ですし、矢張風呂敷を被つて行つたものですから、其時はもうビショ濡れになつて居ます。
石川啄木(1886-1912)「雲は天才である」)
倹約家《しまりや》の母がいかにしまつみても
石川啄木足跡」1909