さんう(三有)

15/03/2017 15:20

[「さんぬ」とも。]
アクセントんう]
仏教
1.
欲界・色界・無色界の「さんがい(三界)1-1.のこと。また、「さんがい(三界)1-1.の生存である欲有・色有・無色有。「さんがい(三界)1-1.に生きるもの。
2.
現在の生である本有《ほんう》、次の生である当有《とうう》、その中間の状態である中有《ちゅうう》の総称。

う(有)

用例