にぎりめし(握り飯)

16/09/2014 15:27

アクセント:にぎりめしヲぎりめし
握り固めた飯。中に梅干し・塩鮭・明太子などを入れたり、海苔《のり》で巻いたりする。おにぎり(御握り)。にぎり。むすび。おむすび(御結び)。сварен ориз, оформен чрез стискане с ръце, обикновено във форма на триъгълник и обикновено с пълнеж от риба или нещо друго, като често се обвива с водорасло

用例

五助はかけた浅葱おろしてそのから行李《めしこうり》を出したあける握り飯二つはいっているそれ置いたすぐに食おせずふって五助の見ていた
森鷗外阿部一族」1913)
五助は人間言うように言った
おぬし畜生じゃから知らずにおるかも知れぬが、おぬしさすって下されことのある殿様は、もう亡くなり遊ばさそれでなってなされお歴々きょう切ってなさるおれ下司《げす》あるが、扶持《ごふち》を戴いてつないだお歴々変ったことはない殿様かわいがって戴いたありがたさ同じことじゃそれでおれ切って死ぬるのじゃおれ死んでしもうたおぬし今から野ら犬なるのじゃおれそれかわいそうならん殿様をしたは岫雲院で井戸飛び込んで死んだどうじゃおぬしおれ一しょ死のうとは思わんかいもし野ら犬なって生きてたい思うたこの握り飯食ってくれい死にたい思うなら食う
 こう言って見ていたが、は五助のばかり見ていて握り飯食おない
森鷗外阿部一族」1913)