ロンドン(倫敦) 固有名

11/04/2017 18:52

グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国(イギリス)の首都。イングランド南東部に位置し、テムズ川下流の両岸にまたがる河港都市。中心部のシティーには銀行・取引所などがあり、世界の貿易・金融の一大中心。これを取り巻いて繁華街のウエストエンド、政治の中心のウエストミンスターなどから成るインナー‐ロンドンが都心部を成し、更にアウター‐ロンドン地域まで含めて大ロンドンと呼ぶ。11世紀の征服王ウィリアム1世以来の首都で、食品・衣服・印刷・造船などの工業が発達。大英博物館・ブリティッシュギャラリー・セントポールじいん(セントポール寺院)1.・バッキンガム宮殿・ウエストミンスター寺院・国会議事堂・ロンドン塔などがある。Лондон

用例

夏目漱石「倫敦塔」1905Нацуме Сосеки "Лондонската кула"・・・作品名
「ロンドン(倫敦)」用例(1909)
 一五九〇徳川家康そのころ江戸という名前知られていた今日東京入ったときここにはいくらか寂れたあるばかりでした二〇ほどうちそことても活気あるなり難船してここ訪れたフィリピン総督ドン・ロドリゴ・デ・ビベロこの都市計画褒め讃えてから見たところではスペイン家屋もっと美しいように見えるけれども入る日本ほう美しさにおいて上回る書きましたそのころ東京一五ぐらい人口持っていました
  家康このつくってから一〇〇ほど人口一〇〇超えるほど増えその頃八七だったロンドン五四だったパリ二五だったウィーンこれまた二五だったモスクワ一七だったベルリンしのぐ都市なりました一七世紀半ばから一九世紀半ばにかけて東京世界最大都市でした
  その一〇〇人口半分ほど全国各地から集められてきた中央政府管理ならびに護衛携わっているでしたあと半分町人職人でしたこの都市内部には農民ほんの少ししかいませんでした一七九四老中松平定信政策足りなくなった場合貯蔵用意できましたということはいざと言うときには五〇町人職人たちこの蓄えられた半年ほど食いつなぐことができるというわけでした
鶴見俊輔戦後日本大衆文化:1845~1980年」1984)